電話が苦手でも大丈夫。美容院への電話のかけ方

こんにちは、ココリネです。

美容院、好きですか?

わたしは美容院が大好きです。

鏡の前でボーッとして、長すぎる部分がさっぱりしていく過程を見るのが楽しいです。

しかし電話が圧倒的に苦手です。

スポンサーリンク

「電話しなきゃ」と思うだけで心臓がドキドキして手汗がでる

数分後、やっぱり来週にしようかなと心が折れかかります。

そんなわたしでも予約電話はできました。

やり方は簡単。メモを書いて聞かれるままに答えるだけです。

それではシミュレーションしていきましょう。

ステップ1

美容院「はい、○○美容室です」

あなた「すみません、カットの予約をしたいのですが」

最初に名前を名乗らなくてもかまいません。

どうせあとで確認されますので(もちろん名乗ってもOKです)

シャンプーも希望するのなら「シャンプーとカットお願いします」と最初に言っておきます。

言わなくても「シャンプーはどうされますか?」と聞かれます。

ステップ2

美容院「ありがとうございます。カットですね(シャンプーとカットですね)

希望の日時はありますか?」

あなた「今日(明日など)の○時希望です」

美容院「申し訳ありません。○時は埋まっておりまして、○時と○時でしたらご案内が可能です」

あなた「それでは○時でお願いします」

美容院「かしこまりました」

このように希望日や時間が空いていない場合があります。

第2希望をきめておくと電話口で「えっと、どうしよう…」とならずスムーズです。

ステップ3

美容院「スタイリストの指名はありますか?」

あなた「○○さんお願いします(はじめての場合は「初めてなのでお任せします」で)」

スタイリストの空き時間を調べるため、ステップ2の最初にスタイリストの指名の有無を聞かれる場合があります。

順番が前後しても流れは同じです。

ステップ4

美容院「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」

あなた「○○ △△△です」

美容院「○○様ですね」

美容院「それでは○月○日の○時にお待ちしております」

あなた「よろしくお願いします」

最後に日付と時間を確認してくれるので、間違いないかよく聞きましょう。

美容院の電話予約に必要なメモはこれだけ

  • カット・パーマ・シャンプーなどの希望
  • 希望する日と時間
  • 指名するスタイリスト(緊張して名前を忘れそうならメモに書いておく)
  • お店の場所が不安なら最後に聞いておく

以上です。

お店の場所がばっちりわかるなら上の3つだけで十分です。

必要なことはすべて相手が聞いてくれます。

最後に、自分に合う美容院かどうか考えてみる

会話が苦手ならひたすら雑誌を読むか寝る(フリでもいいから目をとじてぼーっとする)

そうすると空気が読めるスタイリストさんなら、適度に放っておいてくれます。

カットが終って美容院を出たあなたは、お店をどう評価するでしょうか。

予約のとりやすさ、電話対応、会話、髪の扱い、お店全体の雰囲気、仕上がり。

また通いたいと思ったなら、電話のハードルもさがるのではないでしょうか。

お気に入りの美容院が見つかるといいですね。

スポンサーリンク

フォローする