amazonや楽天などの星3以下のレビューに学ぶ

こんにちは、ココリネです。

自分の長所・短所が言えますか?

今回は「評価」のお話です。

スポンサーリンク

あなたの長所と短所を教えてください

1度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

主に受験・就職・アルバイト・パートの面接ですよね。

面接とは「自分を使うとこんなにお得ですよー。どうですか?」という売り込みです。

条件が合えば誰でもウェルカムなところではないと「特にないです」じゃ面接官の心はときめきません。

では、どうやってときめかせるのか。

通販サイトを例に挙げてみます。

低評価のレビューはたからもの

通販サイトでの評価が星5つの商品は、星1よりずっと安心して購入できます。

安心ですが、わたしは評価の高い商品の星3以下のレビューが読みたいです。

商品に100%満足していると思っていても、他人に言われて初めて「あー、確かにここがちょっと」自覚することがありますよね。

でも裏を返せば、それさえなければ良い商品ということになりませんか?

長所も大事だけど、短所で好感度をあげてみる

「この商品の良いところはココとココです」

そう言ったあとに「良くない部分はココです」と続ける営業マンはあまりいません。

たいてい良いことしか言いませんよね。

悪い点をアピールして買ってもらえなかったら意味がないですものね。

でも、もしも上手く伝えられたら、それが安心材料になると思いませんか?

ここで先ほどの面接のお話になります。

ここさえ直せば、あるいは直したい。

わたしは、大事なお買い物をするときには、そんな部分を知りたいです。

自分の長所・短所がうまくアピールできないと思ったら、自分が「将来こうしたい」「こんな部分はこうなりたい」という目標を思い出してみてください。

ほら、もうヒントがでましたよね。

社会人になってからも評価される機会はたくさんあります。

参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

フォローする